ここでは脱水症状の治療と対処法について説明していきます。

脱水症状の程度が軽いものであれば、市販の電解質を含んだスポーツドリンクなどの水分を補給し安静にしていれば、しばらくすると問題ない状態まで回復します。
ただし、水のみはかえって危険な場合があります。水を補給し続けると電解質が失われ、低張性脱水を起こしてショック状態に陥る可能性もあるからです。


sponsored link




問題なのは脱水症状が知らず知らずのうちに進行し重症化した場合です。

全身の倦怠感や頭痛や吐き気を引き起こすほど程度がひどい場合は、必ず医療機関での治療を受けるようにして下さい。場合によってはそのまま意識を失って死亡してしまう恐れもあります。

治療法としては輸液療法を行います。ただし、急な体液の補正を行うと脳浮腫や心不全、肺水腫や重篤な中枢神経合併症を引き起こしてしまうことがあり非常に危険です。通常、危険がないよう2,3日経過を見ながらの治療となりますが、基本的に医師の診断による適切な治療を受けるようにしましょう。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 予防について

⇒ 症状について

⇒ 原因について

⇒ TOPページへ戻る


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
dassui0syoujou★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。