次はアルコールと脱水症状の関係について説明していきましょう。

激しい運動後やお風呂上りなどは、咽喉の乾きも最高潮に達している時です。ビール好きな人ならここで一杯ゴクっといくと、非常に爽快で美味しいひとときでしょう。しかし、実を言うと咽喉が渇いたときのビールは体的にはNGなのです。いくら水分とは言えビールはアルコールです。


sponsored link




実はアルコールには高い利尿作用があり、アルコールに含まれている水分量を超える量の水分を排尿として体外へ排出してしまいます。汗を掻いた後で喉が渇いた時のような状況下においてアルコール類を摂取することは、体が水分を欲しているのにもかかわらず逆に水分を喪失する結果を招いているということになります。
喉が渇いたからお酒を飲む、というのは実は危険な行為だという認識を持つようにしましょう。

ビール等のお酒を飲んだ後にスポーツドリンクを飲むと言うのはなかなか気が進まないかもしれませんが、なるべく電解質を含んだ吸収の良い水分補給をするようにしたいものです。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 熱中症の分類

⇒ 高齢者の脱水症状

⇒ 脱水症状の症状

⇒ 脱水症状の治療と対処法

⇒ TOPページへ戻る


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
dassui0syoujou★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。