ここでは熱中症と混同されて使われている、熱射病と日射病について説明しています。

今や熱中症と聞けば、多くの人がテレビのニュースや新聞などでも目にする機会が多く、知らない人はほとんど居ないほど有名な言葉ですが、実は熱中症という言葉が世間的に広まったのは1995年(平成7)年頃と言われていて、それまでは日射病という言葉の方がよく使われていました。昭和以前に生まれた方であれば、熱中症よりも日射病の方がよく耳にした経験があるでしょう。


sponsored link




確かに私自身も幼い頃に祖母から「日射病にならないよう帽子をかぶりなさい」と言われて育ちました。熱中症という言葉はその頃知りませんでしたし、日射病と聞くと暑い真夏日のことを連想していました。熱射病と日射病もただの方言の違いくらいだろうと思っていました。

では熱中症と熱射病と日射病、この3つの違いは何でしょうか?

熱中症とは、高温多湿などの状況下で熱によって引き起こされる様々な体の不調を総称したものです。
熱中症の分類の中に熱射病があり、これは熱中症の中でも最も重症度の高い危険な状態を指して言います。
そして日射病とは、直射日光に浴び続けたことで発症する場合を指して言います。
言葉の定義に違いがあるだけでどれもほとんど似た内容ではあります。熱中症というカテゴリーの中に原因として日射病があり、さらに状態として熱射病があるといった感じです。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 子供の脱水症状

⇒ 高齢者の脱水症状

⇒ 熱中症の重症度

⇒ 治療と対処法

⇒ TOPページへ戻る


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
dassui0syoujou★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。