ここでは脱水症状と関係の深い病気、熱中症の分類について説明していきます。

熱中症とは高温障害で、高温多湿状況下において発生する病気の総称です。熱中症は大きく4種類に分類されます。以下にご紹介していきます。
@熱失神(ねつしっしん)
A熱痙攣(ねつけいれん)
B熱疲労(ねつひろう)
C熱射病(ねっしゃびょう)


sponsored link




@熱失神は、直射日光で熱の拡散を図るために皮膚の抹消神経が拡張し、その結果血圧の低下を招き、めまいや失神を起こしてしまう状態のことを言います。

A熱痙攣は、高温下で大量の発汗後に塩分を摂らず水分だけを摂取した結果、低張性脱水を起こしている状態を言います。全身に痛みを伴った痙攣が起きることもあります。

B熱疲労は、高温下で大量の発汗後に塩分も水分も摂らなかった結果、脱水状態になっていることを言います。熱射病の前段階です。

C熱射病は、熱疲労が進み発汗による代謝が止まってしまい体内に熱がこもった結果、意識を失い脳や内臓が高熱でやられてしまう致死率の高い病気のことを言います。重症化すると非常に危険ですので、早急な手当てが必要な状態です。

このように、高温多湿状況下において発汗が主な原因となる脱水症が発生することを熱中症と言うわけですから、熱中症と脱水症状は非常に密接な関係にあると言えるでしょう。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 熱中症の重症度

⇒ 熱中症と日射病

⇒ 高齢者の脱水症状

⇒ 脱水症状の予防

⇒ TOPページへ戻る


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
dassui0syoujou★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。