高齢者の脱水症状について説明していきます。

高齢者に脱水症状が多いというのはご存知でしょうか?真夏に高齢者の方が熱中症で亡くなるという話は、ニュースなどで毎年よく聞くことになるとは思いますが実はこれには理由があるのです。高齢者が脱水症を起こしやすいのには、一体どのような背景があるのでしょうか?


sponsored link




高齢者の方に脱水症が起こり易い理由は以下の通りです。
細胞組織の衰退で細胞内の水分が減っている
代謝機能が低下している
渇中枢機能が鈍くなり、水分摂取量が減っている
嚥下力低下により、飲水に支障がある
腎機能の低下により、頻尿になりやすい
基礎的な体力が低下しているため、抵抗力が低い
以上のような理由で、脱水症状を引き起こす高齢者の方は多いのです。

また、脱水症状と同時に重篤な疾患を併発していることも少なくありません。よくあるのが心筋梗塞で、血液も水分が足りずにドロドロになって最終的には血栓を作ってしまうことが原因となります。

高齢者、特に介護を必要とする方の場合は、日頃の水分摂取量を気にかけてあげるようにしましょう。気が付いた時は既に遅し、とはならないように十分注意してください。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 症状について

⇒ 治療と対処法

⇒ 予防について

⇒ 低張性脱水

⇒ 高張性脱水

⇒ TOPページへ戻る


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
dassui0syoujou★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。