脱水症は、簡単に体内の水分量の異常が原因となっています。汗を掻くなどして体内の水分を失っていく量よりも、水分を摂取して体内に補給していく量の方が少ない場合に脱水症が引き起こります。

特に水分の喪失が多い状況というのは、同時に水分摂取量も満足でない状況に置かれていることが非常に多いです。


sponsored link




例えばスポーツにおいては昔気質の指導の考え方が残っている場合、練習時間中の水分補給は「怠け」と受け取られがちで、厳しく規制されていることもあります。
最近ではそういったいわゆる根性論というのか体調を無視した指導は減ってきてはいますが、まだまだ古い気質の指導者が居るのも事実です。このような状況では水分の喪失量が多いのにもかかわらず摂取量がほぼ無いということにもなり兼ねません。

また乳幼児や介護を必要とする高齢者の方の場合は、のどが渇いても自分の意思で水分補給することが困難なので水分補給が遅れてしまいます。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 脱水症の症状

⇒ 脱水症の対処法

⇒ 低張性脱水とは

⇒ 高張性脱水とは

⇒ TOPページへ戻る


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
dassui0syoujou★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。